感情との付き合い方

先日、いくつかの感情が浮かんで来る経験をしました。

これは誰にでもあることで、人間として生きていると、自然に起こることでもあります。

肝心なのは、そうしたときに、どのように過ごすかということですね。

そして、すべての人が同じ過ごし方で快適であるとは限らないのは、大人になれば誰もが感じることでしょう。

 

私個人の感情との付き合いは、子ども時代からいつも何か「正しいやり方」を探していたと言えるかもしれません。

子ども時代から、と書きましたが、正確には、子ども時代には何をどのようにすればいいのか、また感情を感じることの状況が、一般的に知られている範囲に収まることがなかったので、大人になってから、何が起こっているかを理解するまで大変でした。

 

何に例えるとしっくりくるか考えてみていますが、なんでしょうか・・・どのように反応しても、周りからは正しいと認めてもらえない感覚というか、上も下も右も左も区別がつかないような、全面同色の箱の中で浮かんでいる感じ、とでも言ったらいいでしょうか、そのような感じだったと思います。

そして、感情に対する理解や反応がそのような状況だったので、それに対してもまた理解できない感情が湧き上がってくる、という感じでした。

 

大人になって、それでも最初は、まだよくわからない状況の中でもがいていて、やがて精神世界や瞑想、チャネリングといったものに出会い、少しずつ自分の感じていることを理解できるようになり、自分が感じている感情との付き合いが、今までよりは若干ましになっていくことを経験するたびに、安堵感と人生に対する信頼を持つことができ始め、何よりもうれしかったことを今も記憶しています。

 

感情に対する、特に一般にネガティブと言われる感情、怒り、悲しみ、恨み、妬み、自己卑下、etc. そして無力感、絶望感など、感情と言われるものの範囲をより広げて見てみた場合の、私たちの内側から湧き上がってくるエネルギーにどう向き合い、とらえ、理解し、対応していくか、また表現していくか、そういったことを、自然にスムーズに、取り立てて努力せずできるようになってきたのは、本当にここ数年のような気がします。

 

それら、感情との付き合い方についての考え方、やり方、エクササイズ、内的ワークをたくさん見てきましたし、取り入れてみました。

ある時はそれが効果的だと感じても、やがてそれがあまり効果を発揮しなくなり、また別のことを試してみたり、と試行錯誤を繰り返しました。

 

私自身は、最近ではよく聞かれるようになった「ハイリー・センシティブ・パーソン」HSPであり、いわゆるチヤネラー体質で、自分の感情ももちろんありながら、他者の感情も、自分の内側に感じとるタイプの人間ですから、その仕組みを知らなかった子ども時代や20代の頃は、とても苦労しました。

 

30代になってから、いろいろなメソッド、スキルを試してみたり、ツールを使ってみたりして、毎回、これで行ける、と思うのですが、しばらくするとそれが効果を発揮しなくなり、また別のものを探してみる、ということの繰り返しをしていました。

 

それが40代になって、アセンデッド・マスターと直にワークできるようになり、自分の中から独自のやり方が生まれるようになってから、感情との付き合いがとても楽になりました。

それでも、次々とチャレンジングな出来事が起こり、懸命に対処するような状況が続いていました。

自分の成長にについては、いつもいつも全力で向かいました。

 

50代になってから、この感情が出てきたときは、こう考え、こうする、といったようなメソッドが生まれ、55歳くらいになって、やっとどんな感情を感じても、そしてそれがたとえ他者のものであっても、社会の集合的なもの、人類の集合的なもの、地球やほかの生き物たちの感情とは呼べないまでも、変容を必要としているエネルギーであっても、「何も特別なことはせず」ただ「本来のもの」、本質的なエネルギー「光」に変換できるようになったように感じています。

 

本当に不思議なのですが、必要なのは、地上レベルでいうところの「時間」と私の「意識」だけで、それは見事に宇宙的な純粋なエネルギーへと変換されていくのです。

 

このような人生は面白いものですね。

最初は、苦しむ自分を救うために取り組んできたことが、今こうして、ある種の「浄化」プロセスの一部を担っているのですから。

 

そして、このやり方は、言葉では説明できないものであり、仮に言葉で伝えたとしても、誰もが同じようにできるものではないのかもしれない、と思います。

今まで多くの素晴らしい教師たちによって伝えられた「感情との付き合い方」も、言葉通りにできたわけでもなく、最後は自分の内側から生まれてきたものが「すべて」だった、という結論でした。

 

しかしそれでも「自分の内側から答えを引き出す。やり方を生み出す」ということを実現するための「周波数」は、お伝えできると感じています。

実際にそうして、伝わっていることを目にしていますから。

肉体を伴ったアセンション

「アセンションとは、何ですか?」

「アセンションについての説明は、どれが正しいですか?」

 

時々、そういった質問を受けます。

アセンションは何かと問われたときの私の答えは、こうです。

 

「個人的なアセンションとは、私たちが「自分」だと思っている存在の全意識が、肉体も含め、一つに合一すること。人間としての実感する部分(肉体、思考、感情、感覚など)が、自己の聖なる意識と完全に一つになること」

 

そして、アダマとアナマ(レムリアの光の都市Telosのアセンデッド・マスター。詳しくは、オレリア・ルイーズ・ジョーンズ著「レムリアの真実」)が説明するとおり「アセンションとは、地上にある存在の一部が神聖なる自己との合一を表すのであり、次元上昇を表すのではない。次元上昇とは、アセンションしたときに手に入る結果であるにすぎない」という教えに完全同意しています。この教えは、前述の本にある、というより、2008年にオレリア・ルイーズ・ジョーンズが主催し、ファシリテートした「イニシアティック・ジャーニーⓇ」の中で、オレリアがアダマからのメッセージとして伝えたものです。そして、この教えは、書かれなかった「Telos Vol.4」(未著)のサブタイトル「Divine Union」(神聖なる合一)が示すように、Telosの教えの根幹をなしています。

 

真理は一つ、と言われます。ではなぜ、多くのスピリチュアルなチャネル、ヒーラー、ティーチャーなどが、「アセンション」について、それぞれ独自の説明をしているのでしょうか? 場合によっては、異なっているようにも感じるかもしれません。

人によって、「それらのうち、どの説明を信じればいいのでしょうか?」という質問をいただきます。

 

私の答えは、こうです。

 

「あなたのハートが、一番しっくりくる、受け入れられると感じる説を、今は信じていいのではないでしょうか? また、アセンションについての理解を、自分自身の内側から引き出すような内的ワークをすることをお勧めします。そして、近い将来、信じる説が変化していってもまったく問題ありません。あなた自身が進化していくわけですから、自分にフィットする考え方や理論が変化しても、まったく問題ではありません。自分の内面の変化に伴って、いつもその瞬間に「これだ」というものを受け入れて行けばいいのではないでしょうか? そして、あなた自身が進化成長すれば、自ずと自身の内側から、あなた独自の「アセンションとは何か」というものが現れてきます。それまでは、その時々に「これだ!」と感じる説を受け入れて、内的ワークを進めることが一番いい、と私個人は思います」

 

アセンションに限らず、どんなことも、それを説明しようとすれば、多くの面があり、また意識のさまざまなレベルから観ることができます。それらすべての説について、それを信じることや受け入れることに対して、ニュートラルに、またリラックスして観ることができる精神状態を持っていることが重要に思います。さらには、いつでも手放せるように。

 

結局のところ、アセンションするときに、すべては明らかになりますので、それまで「アセンションとは何か」ということにこだわるより「アセンションするために何をすべきか」または「何をすべきでないか」あるいは「する、しないを超えた《存在する》ということ」に集中するのが、いいと思っています。

 

今アセンションに興味を持つほとんどの人々は、今の人生を「輪廻の最後の人生」にすることを計画していると思います。(同時に、人生の過ごし方では、その計画を先延ばしにする人々もいるでしょう)

最後の人生であれば、「人間として生きることの喜び」や「他の次元では経験することのできない感情、感覚、美など」を存分に味わって、ともにこの次元に生きる人々や生きものたちを理解し愛し、地上の美を堪能して、アセンションまでの道のりを彩ることをお勧めしたいと思います。

 

 

このメッセージを発信するにあたり、昨日、「あなたの次のステップ、次に始めるワークのガイダンスを送ります」と個人的にメッセージをくれたアダマに感謝します。徐々にそのガイダンスが地上で形になりつつあります。

 

また、こういったメッセージが自分の中から生まれる直前、ほとんど何かの触媒作用が働きますが、今回のそれは次の本でした。

「クライオン ジャーニー・ホーム」マイケル・トマスと7人の天使の物語 リー・キャロル著

ずいぶん前に買った本でしたが、長い時間をかけて、読んでいます。

(Telos JapanⓇの活動をするようになってから、オレリアの本に集中していたので、あまり他の本を読む時間を取っていませんでした。今年(2018年)あたりから「積ん読」リストから本を取り出し、キャッチアップをしています。いい刺激になっています)

本に限らず、人間の活動には、何らかの触媒が働いていることが多く、私はそれを大切にしています。これが人間界に生きていることの素晴らしさの一つだと思っています。

 

Telos、アダマ、アナマ、オレリアについて、詳しく知りたい方は、

Telos JapanⓇ

ラベンダー*シャスタ

1999年12月に初めて訪れてから、ほぼ毎年訪問している「マウント・シャスタ」

回数では20回を超えています。

 

どうして引っ越さないのか、と考えることもありますが、

いつも、シャスタに着くと、一週間で家に帰りたくなります。

家で少しリラックスして、またすぐ戻って来たいな、と。

「どこでもドア」がほしい、と真剣に思ってしまいます。

 

今年(2018年9月)は、それが5日目に来ました。

 

自分の家は、誰にとっても心地いいわけではないのは明らかですが、

私にとっては、天国なのだな、と思ったりします。

 

そして、いつも食べている納豆(九州産大豆&北海道産大豆)を食べたいな、と。

そして、うちで飲むヒマラヤのオーガニック豆のコーヒー。

ほーっと息をついて、録画してあるドラマを眺めながら、ゆったりと時間を過ごして、

またシャスタに戻って来たい、と。

 

「おうちモード」の波が押し寄せ、去って行って、

やっと「シャスタへようこそ」と自分に言える感じがします。

その後は、一カ月くらいは、シャスタにいても大丈夫。

体が日本食を求める頃、長い長いフライトで日本へ。

成田や羽田に着いて「帰って来たぁー」と喜ぶかというと、そうではなく

「シャスタに戻りたい」帰りたい、と言っている自分がいます。

 

いつも思います。

シャスタとうちが「隣町」だったらいいのに。

 

食べ物と、微妙に種々のことが、私を日本に呼び戻しますが、

シャスタにいると「ここが自分の居場所」と感じます。

ここが家なんだなぁ、と。

 

シャスタの乾燥した空気も辛いかな。

うちの町の湿度は適度でいいです。

肌も髪も、特に肌は、乾燥は辛いわぁ。

 

ゆる〜く書いていますが、シャスタへは、Telos JapanⓇイニシアティック・ジャーニーⓇで行きました。

オレゴン州のクレーターレイクへも行きました。

 

「ラベンダー*シャスタ」の意味について、書きましょうね。

 

昨年は、体調が思わしくなく、長旅に耐えられそうになかったので、

シャスタへ行かなかったのですが、

今年2年ぶりに行って感じたのは、着実に「シャスタの波動が上がっている」ということ。

 

マウント・シャスタの上空に光の都市があって、

それはパープルの光のピラミッドのようで、やがてそれが山に降りてきて、

五次元以上の世界と、地上の三次元の世界が一つになっていく。

三次元の波動が上昇し、五次元に統合されていくプロセスの中に、今私たちは生きている。

 

今年(2018年)2年ぶりに訪問したシャスタは、

光の都市、レムリアの光の都市「テロス」の高次面が、

すでにマウント・シャスタと重なり合っているように、私には感じられました。

山全体に、そしてその麓の町にも。

三次元と五次元は、本当に重なり合っていて、そのベールは極めて薄い。

人によっては、すでにベールは消えている、そう感じました。

 

準備ができた人びとには、ほんの少し意識をシフトさせるだけで、

そこは、シャスタは、もう五次元の世界。

もう一切の制限も感じないような、そういった世界。

 

それを楽しめる人々が、爆発的に増えてきた、そう感じた訪問でした。

 

私の内なる目で観たシャスタは、ラベンダーのベールをかけられた神殿。

そのベールは、広く山裾を覆って、マウント・シャスタの町を越え、

周りの地域にも広がっているように感じました。

 

来年は、どんな姿を魅せてくれるでしょうか。マウント・シャスタ

来年は、5月にLight in LightⓇのアセンション・リトリートⓇを

9月にTelos JapanⓇのイニシアティック・ジャーニーⓇを開催します。

ブログをはじめるにあたって

レムリアンハート・ガーデン へようこそ。

 

今まで、いろいろなブログを書いてきました。

アセンションについて ヒーリングについて Light in LightⓇTelos JapanⓇの活動について 

旅行先について パワースポットについて 好きなものや好きなこと、大好きな人々について

それぞれにブログを創るようにして。

 

この「レムリアのハートの庭」では「わたし」という存在にフォーカスして、

幼かった頃のことも 生まれる前のことも 前世についても 仕事についても

遊びや趣味についても 世の中のことについても 地球の未来についても

アセンションやヒーリング、アセンデッド・マスターのことも

 

思いつくまま、気の向くまま 自分が手にしたもの 感じたこと 考えていること など

どんなことでも書いていきたいと思っています。

 

よかったら、おつきあいください。

1