教育について

世の中でいろいろなことが起こることによって、子ども時代からの教育や生涯教育の大切さについて、語られるようになって久しい感じがします。

 

通信制大学で心理学と教育学を学んでいますが、テキストを読んでいて感じたことがあるので書いてみます。(直接テキストの内容と直結することではないのですが)

 

社会も大人たちも学校も教師も親たちも、子どもたちに「教える」という「インプット」の意識で接していると思います。子どもたちが生まれながらに「エンプティ」で、そこに社会を作ってきた自分たちの「知識」を入れることによって、子どもたちが「それを身につける」少し発展的に「それを土台として、新しいものを生み出す」ことが期待された教育。子どもたちが知識を得、理解し、何かを生みだしたとするならば、今までの「教育」のたまもの。

 

「子どもたちは、すでに無限の叡智の中に存在している。」スピリチュアルな生き方をしている人であれば、誰もが同意するだろう概念、しかし具体的には説明しがたい概念。実際は、子どもたちは日々、すでにこれを体現しています。

 

段階的に子どもたちが正解(ここでは実験の結果と一致する予測)に達するよう導き出された授業について、私は学んでいます。教育者は、子どもたちがその能力を高めた、と捉えているようですが、実際は、子どもたちにはそれらの「能力」がすでに備わっていて、本人たちもそれを「いつ」「どこで」「どのように」引き出せばいいのかを学ぶことだけが、人間としての学習のポイントなのだと思いました。その能力が発揮されるためには、段階的なプロセスが必要で、そのプロセスを見つけ、子どもたちに提示することだけが「教育」の役割なのかもしれません。

 

教育者のある人々は、それに気づいているでしょう。しかし、社会全体が、子どもたちを取り巻く大人全員が、それに気づいて「本来持っている能力を引き出すためのきっかけ作り」だけを意識的に行うことで、子どもたちにとって、心地よく学べる、また安心して大人になれる環境が生み出されるのではないかと思いました。

 

おそらく「能力」を引き出すための「段階」は、子どもたち一人ひとりによって違うのでしょう。身近な大人たちの仕事は、彼らの「成長のステップ」を見つけ出すことに尽きるのかもしれません。

 

子どもたちは「エンプティ」ではなく、たくさんの宝物を内に秘めた魔法の子どもたち。彼ら自身のために、宝物を見つけ出し、彼らの生きる未来と社会のために、その宝物をみなと共有できるように、教育というものが見直されることが大切なのでしょう。